2007年06月02日

IWC問題を取り上げない「ネット右翼」

20070531at01b.jpg2007/06/01-15:13 沿岸捕鯨、認められず=日本、IWC脱退も辞さず
【アンカレジ(米アラスカ州)31日】当地で開かれていた国際捕鯨委員会(IWC)総会が31日、閉幕した。日本は米アラスカ州のイヌイットなどの先住民に認められている捕鯨枠に準じて、日本沿岸の小型捕鯨を容認するよう求めていたが、可決に必要な票数を得られる見込みが立たなかったため投票にかけることを断念し、IWC脱退も辞さないと警告した。
 日本代表は、「我々は、脱退して新たな機関を設立することを含めて、日本がIWCで果たす役割を根本的に見直す」と述べた。代表は、日本は自国の排他的経済水域内で一方的に捕鯨を再開することも考慮すると語った。日本は横浜市が次回総会の開催地に立候補していたが、この日、立候補を取り下げた。
 米国やロシアの先住民に認められている捕鯨枠は、今総会で更新が認められた。日本は沿岸小型捕鯨をそれに準じるものとして容認を求めていたが、米、オーストラリア、英、ブラジルなどを筆頭に「商業捕鯨の一種だ」として反対が強く、投票による採決をあきらめた。 〔AFP=時事〕




有志ブログの多くがあつかわれていない事柄と思う。事柄の核心に迫らず、諸氏の論及不努力に軽蔑を捧げ、小ブログからも短稿を呈する。(爆)

人気blogランキングへ

さて、ブログランキング『政治』で上位のブログでこの話題は全くといっていいほど取り上げられていません。

辛うじてくっくりさんのところで取り上げられていますが・・・・



ランキングに参加しているブロガーはどうしても読者受けする記事(煽り記事)を書きがちなのです。

するとどうしても特亜を対象とするほうが反応がいいのでしょう。(彼らのブログのコメント欄を見れば一目瞭然です。)

捕鯨問題を扱う際、どうしても敵は欧米諸国になってしまいますから・・・。

井筒監督が「在日」であるかどうかよりは、捕鯨問題の方が「保守陣営」としては重要だと思いますけどねー。俺は!

人気blogランキングへ
ラベル:捕鯨問題 IWC
posted by 三代目 中村シド(ヴィシャス) at 14:59| Comment(0) | TrackBack(2) | ブログランキング『政治』ヲチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【IWC脱退】「脱退も辞さず」もポーズだけでは意味がない
Excerpt: 科学的根拠もなく、ただただ「賢い動物なのにかわいそう」という感情論と欧米の価値観の押しつけに終始する国際捕鯨委員会(IWC)など、国際機関などというより「反捕鯨教カルト」というべきものであることは、い..
Weblog: 加賀もんのブログ
Tracked: 2007-06-02 20:00

日本は機能不全のIWCから脱退し新機関の設立を!
Excerpt: <a href="http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20070601i304.htm" target="_blank">IWC脱退も辞さず、新機関設立も…日本政府代表が示唆(読売新聞)</a>  <font color="ffff00">米アンカレジで開かれていた国際捕鯨委員会(IWC)の年次総会は5月31日(日本時間6月1日)閉幕した。  政府は、日本沿..</font>
Weblog: ぱっとんな日々
Tracked: 2007-06-03 18:07

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。