2007年06月20日

結局やぶ蛇に終わっただけだったね。

84643.jpg
日本の国会議員有志や言論人らによる今月14日付の米紙ワシントン・ポストに強制性を示す文書はないとする全面広告。

ネット右翼たちが、拍手喝采を送ったのもつかの間、これが引鉄となって米下院外交委員会にて従軍慰安婦問題で日本政府に対して明確に歴史的責任を認め、首相が公式に謝罪するよう求める決議案が採決される見通しに。




人気blogランキングへ

そもそも、この下院決議と言うのは山本一太に言わせれば「イチローの1000本安打にも」送られる代物らしい。

要するに「ウケル」か「ウケナイ」かが判断基準の代物なのでしょう。

それに対して、マジになって反論したもんだから、向うも意地になったんだろうねー。

アメリカ人の「自分達を棚上げした人権感覚」においては、「慰安婦問題」は、被害者がそこにいるだけでかわいそうなことなのでしょう。


結局広告の内容は当時の日本政府を正当化するために、日本占領時の米軍を批判すると言う「ネガティブ」な内容じゃーダメだよ!

どうせ一面広告を出すならば「小泉政権以来日本は米国の年次要望書を忠実に実現しております。」って内容にしておいた方が「やっぱ日本はかわいい奴」ってことでお目こぼしされたかもしれないのにね。(爆)

人気blogランキングへ現在200位

posted by 三代目 中村シド(ヴィシャス) at 03:39| Comment(0) | TrackBack(1) | 慰安婦問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45341578

この記事へのトラックバック

ワシントンポストへの意見広告を支持する!
Excerpt: 米国下院の外交委で日本の慰安婦決議案が可決される見通しとなった。 国境を越えての法的拘束力皆無の決議案をわざわざ通して、日米間の感情的対立を図ろうとする中共、韓国の陰謀にのせられてはならない。 ニュー..
Weblog: 東洋の魔笛
Tracked: 2007-06-20 18:20

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。