2007年06月28日

すばらしき人権国家「アメリカ」

米下院外交委「慰安婦」決議を採択…日本政府に謝罪要求
 【ワシントン=五十嵐文】米下院外交委員会は26日午後(日本時間27日未明)、旧日本軍のいわゆる従軍慰安婦問題で日本に公式な謝罪を求める決議案の修正案を賛成39、反対2の賛成多数で採択した。 (読売新聞)より抜粋


TBSのニュース23でアメリカ特派員が言っていましたが、「決議に賛成した議員の中には歴史的事実を知らずに人権問題というだけで賛成に回った議員もいた」そうです。


まあ、当の安倍総理は「コメントせず」とまたしても米国の人権問題に敏感な議員達の神経を逆撫でしそうですが・・・


でも7月の参院選は「自民敗北」の可能性が高いので

福田さんあたりが参院選後次期総理になって

あっさり謝罪したりして(爆)

人気blogランキングへ

それと同じノリで、

台湾、ウイグル問題でも決議案可決 米下院外交委
 【ワシントン=山本秀也】米下院外交委員会は26日、台湾要人の訪米規制撤廃や、ウイグル人女性人権活動家の親族釈放を求める決議案を可決した。外交委は同日、慰安婦問題での対日非難決議案を可決したが、中国に対して刺激的な2決議案も同時に処理された形だ。 (産経新聞)より抜粋



アメリカ人にしてみればどっちもドーデもいーことだろうけど。(爆)

向うのCNNなんかでもこれらのニュースは取り上げられているのかねー?

おそらく少年が50口径の銃で巨大イノシシを仕留めたことのほうが大きく扱われてるんじゃあねーの?(爆)

でも11歳のガキが50口径の銃って!!(ダーティーハリーが44マグナムだから44口径だろ?それより口径の大きい銃だぞ!)


物騒な人権国家だなー

いずれにしてもそんな国に自国の防衛を100%疑わず依存している自民党にはこんかいの決議は哀れな出来事でしたね。

人気blogランキングへ現在152位



posted by 三代目 中村シド(ヴィシャス) at 01:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 安倍内閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46077908

この記事へのトラックバック

朝日の社説と安倍政権
Excerpt: 慰安婦決議―首相は深刻さを認識せよ(asahi.com)2007年06月28日(木曜日)付
Weblog: 思うて学ばざれば則ち殆し
Tracked: 2007-06-28 08:01

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。